まずそれぞれの特長を理解しておきましょう。おまとめローンは多重債務者向けのローンになり、借金を一本化する商品になります。のりかえローンは現在借りている業者よりも、利便性が高いローンの方に乗り換えることを指します。利便性というのは、使い勝手だけではなく、金利の低さを含めて、楽になれるローンのことを意味します。よって双方、自分にとって都合の良いローンを選ばなければなりません。

おまとめローンものりかえローンと同じで、現在借り入れをしている業者の金利と毎月支払っている金額を参照する必要があります。おまとめローンの方が現在借り入れをしている業者の金利よりも高ければ意味がありません。また毎月の返済額が多くなると、さらに辛い返済生活を強いられます。そのようなことがないようにしっかりチェックをしましょう。

まずおまとめローンの見るべき点は、現在の業者よりもなるたけ金利が低い方が有利になります。また毎月の返済額が少なくなる方が利便性も高くなるでしょう。ほとんどの業者のおまとめローンは少なくても、消費者金融の高い18%金利よりも低くなっていることが多く、毎月の返済額も少なくなることが多いです。ただし例外もありますので、この点はよくチェックしておかないといけません。

おまとめローンは多重債務者向けと述べましたが、それにふさわしく普通のカードローンと比べると、審査が厳しくなる傾向があります。収入証明書の提出は求められますので、用意をしておきましょう。